床下収納のメリット

限られた住まいの空間を有効活用できる

限られたマイホームの空間を有効に活用出来るのが、床下収納のメリットです。本来収納スペースを設けるためには、別途専用の倉庫を建てたり、物置を置く等の対策が要ります。ただ、そういった手段だと、限られた居住空間が狭くなるのが難点です。床下収納なら、キッチンやリビングなどの部屋の下に、便利な保管庫が出来上がりますので、自宅の敷地が狭くはなりません。キッチンの床下収納庫には調味料や油などを保管しておけば、合理的です。夕飯を作る時などに、キッチンの床の下からスムーズに取り出す事が出来ます。

調味料や油やミネラルウォーターなどはスーパーでしばしば大安売りされます。充分な収納スペースがないと、まとめ買いする事が出来ませんが、キッチンの床下に広々とした収納庫があれば大丈夫です。生活空間を賢く使えるだけではなく、家事が捗り、更にまとめ買いがしやすくなるため、巡り巡って床下収納は家計の助けにもなる事、うけあいです。湿度や外気温が適度に低く、いわゆる食料品や調味料の保管に適した環境なのも優れたポイントです。食料を狙う害獣や害虫が物理的に侵入出来ませんので、安心して様々な食べ物やミネラルウォーター類を長期間にわたり保管出来ます。

見た目も綺麗で災害対策にも役立ちます

床下収納は違和感なく、収納用のスペースを設けられます。カラーボックスやメタルラックや大型の棚などを設置すると、居住空間が減るだけではなく、リビングやキッチンに圧迫感が生まれます。大量の物が収納出来る反面、片づけた物が常に丸見えになります。いわゆる来客の方々にあまり見られたくない、生活感を感じさせる日用品や食料品なども丸見えになるのが、メタルラック収納やカラーボックス収納の難点です。一方で床下収納なら片づけた物が、来客の方々に見られる心配はありません。収納庫の扉の上に、マットなどを敷いておけば完全に存在感を無くせます。大量の収納スペースを便利な場所に設けつつ、インテリアの雰囲気を壊さないのが床下収納の嬉しいメリットです。 そして災害対策にも床下の空間は役立ちます。台風や地震が起きれば水道や電気、ガスなどのライフラインがストップする恐れがあります。万が一のリスクに備えて備蓄用の食糧を準備する、これは日本で暮らす上で大事な備えです。床下収納のスペースがあれば、家族みんなが災害時、安心出来る量を保管出来ます。ミネラルウォーターや備蓄食糧、災害時に役立つ防犯グッズなどを常備しておけますし、リビングやキッチンという生活圏の近くに収納庫があれば、停電時などもスムーズに取り出せます。

部屋の配置情報のことを言います。具体的には「LDK」や「DK」などのアルファベットで表されます。賃貸物件や住宅を探す際に間取り図を見ることで部屋数や広さを想像しやすくなります。

© Copyright Two-Family House. All Rights Reserved.