キッチンパントリーのメリット

収納力がぐんと上がる!料理好きの人にもおすすめ

キッチンパントリーとは、ざっくり言えば食品庫のこと。一般的にはキッチンに隣接する収納スペースを指して、パントリーと呼ぶ場合が多いようです。パントリーの大きな魅力は、ストックしておきたい食品をたっぷり保存できることでしょう。例えば、特売の食品をたくさん買ったあと、キッチンに収納できなくて困った経験はありませんか。こうした収納不足を一気に解決してくれるのが、キッチン横に設けたパントリーなのです。

人が出入りできるほど広いパントリーであれば、食品のほかにも食器や調理器具も存分に収納できます。また、お気に入りのスパイスやハーブを壁一面に設けた棚に並べてみるのも良いですね。料理好きの人ほど、買い置きしておきたい食材は多いもの。キッチンの収納が悩みの種なら、パントリーの設置を検討してみませんか。

パントリーはキッチンの近くに設けるのが一番ですが、なるべく玄関近くに作ることも大切です。玄関からパントリーに出入りできるようにしておけば、買ってきた食品を手早く収納することがきるからです。特に重たい缶ビールなどを買いだめした時は、パントリーの良さを実感することでしょう。そのほかパントリーを設けることで便利に収納できるのが、粉ミルクや離乳食。大きなミルク缶を何個も並べられるパントリーがあれば、育児の合間を縫って買い出しに出かける手間も大きく省くことができるのです。

家庭の食品ロスが減る?ストック管理も簡単に

パントリーの収納は、詰め込みすぎないことが鉄則です。ぎっしり物を詰め込んでしまうと、使いたい食品を見つけづらくなってしまうからです。パントリーの収納は、言わば見せる収納です。収納する食材は、種類ごとに分けて置く場所を決めましょう。そして見た目にもすっきりとした収納を心がけることが大切です。ゆとりのあるパントリーでは、食材の在庫チェックが容易にできます。さらに食材の消費期限が見えるように棚に並べておけば、日々の在庫チェックで食品ロスを防ぐことも簡単にできるでしょう。

あなたはローリングストックという言葉を耳にしたことはありますか。定期的に非常食を食べることで、食品の消費期限切れを防ぐ効率的な備蓄方法です。食材のストック管理がしやすいパントリーは、まさにローリングストックに打ってつけの保存場所と言えるでしょう。パントリーで期限間近の非常食を見つけたら、早めに消費してしまいましょう。あとは食べてしまった非常食を買い足すだけで、自然とローリングストックの習慣が身に付きます。家族が多いと、備蓄する非常食はかなりの量になります。災害時には、パントリーに収納した食材全てを非常食として使用することもできるでしょう。

© Copyright Two-Family House. All Rights Reserved.