ウォークインクローゼットのメリット

たくさんのものを収納できる

ウォークインクローゼットの一番のメリットは、なんといってもたくさんのものを収納できることではないでしょうか。戸建て住宅の場合、だいたい2畳から3畳程度もの広さでプランされているケースが多いです。その中は基本的に、洋服を掛けるハンガーパイプと、その上に設置される枕棚で構成されています。より充実した仕様の場合は、可動棚や、引出しなどが設けられていることもあります。可動棚の場合は、そこに収納したいもののサイズに合わせて、棚板の間隔を変えることができるため、効率よく収納していくことができるため、大変便利です。

また、ウォークインクローゼットは、その空間自体が広いため、スーツケースや季節用品など、サイズの大きなものも収納しやすくなります。通常のクローゼットに比べると、空間の自由度がぐんと上がるため、工夫次第で使い方の幅が広がってくるのです。ウォークインクローゼットは、たくさんのものを収納することができるため、部屋の中にはタンスなどを置かずに、スッキリと広く使うことができるのです。また、ウォークインクローゼットの中が散らかっていても、扉を閉めておけば中が見えないため、部屋が散らかっているように見えないことも、メリットの一つとして挙げられるでしょう。

持っているものを一度に把握しやすい

部屋にタンスを置いている場合は、それぞれの引出を開けたりしなければ、持っているものを確認することができません。探しているものがどこに収納しているのか、わからなくなったりすることもあるのではないでしょうか。一方、ウォークインクローゼットの場合は、中に入ると、一度に全体を見回すことができます。そのため、持っている洋服などを全てきちんと記憶していなくても、目の前に洋服が吊り下げられているため、コーディネートを考えやすくなります。お店で洋服を選ぶかのようにコーディネートを楽しむことができます。さらに、ウォークインクローゼットの中で着替えるスペースが確保できていれば、その場でササっと着替えることができるため、時短にもつながり、部屋が脱いだ服で散らかることを防ぐこともできます。

また、今自分がどのようなものを持っているのか把握しやすくなるので、あることを忘れて、また同じようなものを買ってしまう、というような無駄遣いを防ぎやすくなります。ショッピングに行く前に、ざっとウォークインクローゼットの中を見渡すだけでも、その効果をさらに高めることができるでしょう。節約をするためにも、ウォークインクローゼットは一役買ってくれるのです。

© Copyright Two-Family House. All Rights Reserved.